2007年03月19日

「おんな太閤記」

☆おんな太閤記 【NHK大河ドラマ】

おんな太閤記(おんなたいこうき)は、1981年1月11日から12月20日まで放映された19作目の大河ドラマ。原作・脚本、橋田壽賀子。音楽、坂田晃一。橋田壽賀子が最初に手がけた大河ドラマで、豊臣秀吉の正室・北政所ねねの視点から戦国時代を描いた。女性の視点からの戦国時代の描写は、従来の男性を中心とした戦国時代のファン層のほか、主婦層にも幅広い支持を得、平均視聴率31.8%を記録した。秀吉役の西田敏行がねね役の佐久間良子を呼んだ「おかか」は流行語になった。


☆スタッフ

原作・脚本:橋田壽賀子
音楽:坂田晃一
演奏:新室内楽協会
テーマ音楽演奏:NHK交響楽団
指揮:小松一彦
監修・時代考証:桑田忠親
風俗考証:磯目篤郎
殺陣・武術指導:林邦史朗
茶道指導:戸田宗安
振付:猿若清方
語り:山田誠浩アナウンサー

☆出演

ねね→北政所→高台院:佐久間良子
木下藤吉郎→羽柴秀吉→豊臣秀吉:西田敏行
小一郎→羽柴秀長→豊臣秀長:中村雅俊
茶々→淀殿:志喜屋文→池上季実子    
なか→大政所:赤木春恵
とも:長山藍子
弥助→三好一路(三好吉房):宗近晴見
きい→あさひ:泉ピン子
嘉助→副田甚兵衛:せんだみつお
やや:浅茅陽子
京極竜子:松原智恵子
南殿:沢田雅美
孫七郎→豊臣秀次:宮沢公栄→井浦秀和→松本秀人※(X JAPANのHideとは同姓同名の別人)→広岡瞬
於次丸→羽柴秀勝:吉田友紀→草見潤平
小吉→豊臣秀勝:内田直弘→橋満耕司→竹村健
豊臣秀保:廣貴久
お拾→豊臣秀頼:高山幸久→千葉貴之→早川勝也→井上純一
石松丸秀勝:橘慎之介
千姫:山岸あき子→高見知佳
浅野弥兵衛→浅野長政:尾藤イサオ
浅野又右衛門:久米明
浅野幸長:藤堂新二
こひ:三條美紀
蜂須賀小六:前田吟
蜂須賀又十郎:河原裕昌
みつ:東てる美
ふみ:木原光知子
森弥五六:ガッツ石松
織田信長:藤岡弘 
織田信雄:長塚京三
織田信孝:役所広司
お市の方:夏目雅子
浅井長政:風間杜夫
初:西尾まり→眞野裕子→奈良富士子
小督:清水愛※(声優の清水愛とは同姓同名の別人)→高崎晃子→五十嵐淳子
浅井万福丸:小池満敏
柴田勝家:近藤洋介 
前田犬千代→前田利家:滝田栄
まつ:音無美紀子
前田利長:中田譲治
豪姫:金子曜子→高梨路子→岩崎良美
まあ:石井めぐみ
徳川家康:フランキー堺
阿茶局:篠ひろ子
徳川秀忠:荻野尋→佐藤佑介※(キューブ所属の俳優・佐藤佑介とは同姓同名の別人)
義伊→結城秀康:安田良智→深見亮介→中越司
しの:田中好子
こほ:津島恵子
孝蔵主:南風洋子
杉原家次:戸浦六宏
明智光秀:石濱朗
たま:岡まゆみ
木下家定:小林一三
木下勝俊(木下長嘯子):大和田伸也
小早川秀秋:斎藤優一→松野太紀→大和田獏
石田佐吉→石田三成:坂上忍→宅麻伸
虎之助→加藤清正:芹沢康久→加藤健一
市松→福島正則:南友紀→三上寛
片桐且元:岡本信人
大野治長:坂東正之助
大蔵卿:斎藤美和
正栄尼:東恵美子
本多正信:神山繁
酒井忠次:小松方正
酒井忠勝:出光元
榊原康政:田辺宏章
細川藤孝:角野卓造
菊亭晴季:金内吉男
松下之綱:今福将雄
宇喜多直家:森塚敏
宇喜多秀家:角田英介→阪本良介
伊達政宗:横光克彦
別所長治:久世龍之介
池田恒興:阿部六郎
池田輝政:内田勝正
黒田官兵衛:菅野忠彦
松寿丸→黒田長政:吉田俊博→真実一路
加藤孫六→加藤嘉明:島村卓志
丹羽長秀:小瀬格
毛利輝元:村上幹夫
安国寺恵瓊:内田稔
小西行長:佐久間崇
前田玄以:入江正徳
増田長盛:川部修詩
長束正家:鶴岡修
前野兵庫助:石田英二
今川義元:新みのる
滝川一益:川崎桂
森蘭丸:森下陽
服部小平太:竹田寿郎
毛利新助:小田島瑛
千利休:内藤武敏
津田宗及:小金井萱夫
足利義昭:津村隆
のぶ:大島蓉子
普請奉行:奥村公延
足軽、客人:谷津勲
職人:久保晶
その他:森康子、須永慶

☆総集編

「足軽女房」
「城主の妻」
「女人悲願」
「両雄対決」
「平和への道」

☆登場人物の名称盗用問題

秀吉の妹・あさひの本名を「きい」、その最初の夫副田甚兵衛の本名を「嘉助」としているが、これは放送に先だって連載されていた杉本苑子の『北政所お寧々』(後に『影の系譜』と改題して刊行)から無許可で流用されたものであった。連載を書くにあたり、主要登場人物の名前を調査したが不明に終わった杉本が、小説上の設定として「きい」「嘉助」と名付けた、本人曰く『フィクションの名』である。しかし『おんな太閤記』スタッフが実名と思い込み、ドラマに採用し、『ドラマ・ストーリーおんな太閤記』にも記載してしまった。

2つの文献が、共通の名前を使うことにより、「フィクションの名」が事実として誤認される事を危惧した杉本は、当時面識のあった橋田壽賀子氏に、それぞれの立場から命名についての注意書きを、活字にしておこうと申し入れた。しかし番組チーフプロデューサー伊神幹氏がNHK側のミスであり、橋田氏に責任は無いとし、謝罪。著作権侵害に対する金銭的賠償を提示した。杉本側は、問題は著作権侵害ではなく、フィクションが史実として定着しかねない危険と、それを防ぐ事だとしてこれを拒否。

日本文芸著作権保護同盟事務局長・夏目裕をオブザーバーに迎え、杉本・伊神との三者会合の結果、三者がそれぞれの立場から「きい、嘉助の名はフィクションである」むねの一文を掲載・告知する事が決定した。伊神幹氏の名では1981年5月11日付の毎日新聞夕刊文化面に(日本放送出版協会刊『放送文化』7月号、著作権保護同盟『同盟ニュース No.78』)杉本氏は「北政所お寧々」(『影の系譜』と改題)のあとがきにそれぞれ同様の内容を掲載した。

また活字媒体、『ドラマ・ストーリーおんな太閤記』、橋田壽賀子作『小説・おんな太閤記』に掲載されていた「きい、嘉助」の名は急遽削除され、すべて「あさひ、副田甚兵衛」と書き換えられた。

一連の事件については『影の系譜』あとがきに詳しい。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B2%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E
posted by ワン at 00:00 | 1981年 「おんな太閤記」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。