2007年03月11日

「国盗り物語」

国盗り物語 【NHK大河ドラマ】


国盗り物語(くにとりものがたり)は、1973年(昭和48年)1月7日〜12月23日に放送されたNHK大河ドラマ第11作。全51回。平均視聴率22.4%。最高視聴率29.9%。初回視聴率27.5%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)。

司馬遼太郎の同名原作を核に、同氏の「新史太閤記」「功名が辻」「尻啖え孫市」「梟の城」などを合わせて大野靖子が脚色した。

美濃一国を「盗る」ことに生涯を賭けた斎藤道三と、彼に後継者と目され共に天下統一に邁進しながらも、最期には本能寺で激突する織田信長と明智光秀の生き様をダイナミックに描いていく。


☆概要

前作「新・平家物語」が大河ドラマ10周年にふさわしいベテラン俳優を中心とした豪華絢爛たるドラマであったのにくらべ、この「国盗り物語」は、高橋英樹、近藤正臣、火野正平、松坂慶子など20代中心の布陣であり、全体的に若々しさがみなぎっていた。これは、当時のプロデューサーが放送前年に颯爽と登場した田中角栄に織田信長の姿を見出し、そのあふれるエネルギーをドラマで表現したかったからだといい、原作は道三、信長の二人がリレー形式で主人公をつとめているが、ドラマはこの形式を踏襲しつつ、実際は信長が主役の作品となっている。

これはドラマの第1回が信長と濃姫の結婚式から始まり、その後回想シーンで京都御所での若き道三(松浪庄九郎)の姿が映って、道三の美濃一国簒奪の話が続き、第14回で再び元に戻ってくるという構成から分かる。ドラマは、この後、第18回での道三の死、第19回の信長の尾張統一、第20回の桶狭間の合戦へと移っていく。 信長役は、当初、藤岡弘が内定していたが、東映での「仮面ライダー」出演契約のため断念、藤岡は翌年の「勝海舟」で坂本龍馬、そして昭和56年の「おんな太閤記」で念願の信長役を演じることになる。主役の高橋英樹は、この信長役で一躍スターダムにのしあがり、あまりの評判のため、信長役のオファーがあっても受けなかったという。また、道三役の平幹二朗が、あまりの高橋信長の人気に「高橋英樹君の若さが羨ましかった」と述べている。

また、昭和天皇が、このドラマの大ファンであり、収録スタジオを見学して、高橋英樹、松坂慶子、林隆三が御前で演技を披露し、後日、原作の司馬遼太郎と会った昭和天皇が「あれはテレビと原作では違うの?」などとお尋ねになられたというエピソードもあった。


☆スタッフ

原作:司馬遼太郎
脚本:大野靖子
音楽:林光
演出:齋藤暁、村上祐二
製作:遠藤利男


☆キャスト

松波庄九郎→西村勘九郎→長井新九郎→斎藤道三:平幹二朗
吉法師→織田信長:川口英樹→高橋英樹
桃丸→明智光秀:高野浩幸(現・高野ひろゆき)→近藤正臣
日吉→木下藤吉郎→羽柴秀吉:火野正平
松平元康→徳川家康:寺尾聡
お万阿→妙鴦尼:池内淳子
深芳野:三田佳子
那那姫→小見の方:北村佳子→山本陽子
吉祥丸→新九郎高政→斎藤義龍:沢村正一(現・沢村翔一)→若林豪
斎藤龍興:大石悟郎(現・大石吾朗)
斎藤喜平次:曽我一貴
斎藤孫四郎:青沼一彦
帰蝶→濃姫:松坂慶子
お槙:中野良子
お国:阿部寿美子
お市:松原智恵子
寧々:太地喜和子
お静:下野照美→北川美佳(現・喜多川美佳)
たま:今別府ミカ→林寛子
土岐頼芸:金田龍之介
長井利隆:安井昌二
長井白雲:田村亮
長井藤左衛門利安:下條正巳
長井道利:森幹太
織田信秀:千秋実
織田勘十郎:日吉としやす
明智光安:久米明
明智光綱:御木本伸介
弥平次→明智光春:三ツ木清隆
朝倉義景:浜畑賢吉
柴田勝家:宍戸錠
滝川一益:今福正雄(現・今福将雄)
丹羽万千代→丹羽長秀:北村晃一
平手政秀:田崎潤
森三左衛門:佐竹明夫
森蘭丸:中島久之
竹中半兵衛:米倉斉加年
荒木村重:新田昌玄
佐久間信盛:安藤三男
佐久間大学:玉川伊佐男
松永弾正:永井秀明
毛利新助:津嘉山正種
服部小平太/摩利洞玄:村松克巳
稲葉一鉄→稲葉良通:菅沼赫
林佐渡守→林通勝:幸田宗丸
中川清秀:真弓田一夫
前田犬千代→前田利家:目黒祐樹
鳥居元忠:坂口芳貞→丸山持久
本多忠勝:倉島襄
榊原康政:大久保正信
大久保忠世:井上和行
斎藤利三:亀石征一郎
石田佐吉:清水治雄→佐山泰三
蜂須賀小六:山田吾一
黒田官兵衛:江守徹
小寺政職:内田朝雄
堀尾茂助:赤津進
宮部善祥房:小松方正
足利義輝:竹脇無我
一乗院覚慶→足利義昭:伊丹十三
細川藤孝:伊吹吾郎
細川与一郎→細川忠興:矢崎知紀→石田信之
浅井長政:杉良太郎
浅井久政:郡司良
雑賀孫市:林隆三
山内一豊:東野英心
千代:樫山文枝
武田信玄:大友柳太朗
武田勝頼:石山律(現・石山輝夫)
穴山梅雪:渥美国泰
今川義元:花柳喜章
米田求政:久松保夫
赤尾美作守清綱:最上龍二郎
清水宗治:伊達正三郎
木下弥右衛門:猪野剛太郎
春日丹波守:渡辺文雄
小牧源太:小林昭二
猪子兵助:常田富士男
岡部又右衛門:清水紘治
下間刑部:戸浦六宏
快川国師:島田正吾
顕如上人:伊藤孝雄
日運上人:鈴木瑞穂
朝山日乗:鈴木昭生
里村紹巴:西村晃
今井宗久:河村弘二
松井友閑:久遠利三
曲直瀬道三:林孝一
葛籠重蔵:露口茂
法専坊信照:荻島真一
香子内親王:生田悦子
松永多左衛門:大塚周夫
渡辺小左衛門:巌金四郎
可児権蔵:名古屋章
鷲津六郎:上田耕一
百々地新之丞:金内喜久夫
島本右衛門太夫:倉田地三
小えん:左時枝
木さる:小鹿みき
小みち:田島令子
飛騨の耳次:谷啓
杉丸:永井秀和
弥八:西田敏行
赤:桐原史雄
黒:西村淳二
但中:金井大
楠:初井言榮
各務野:吉行和子
猿楽師:野村万作、野村万之介、野村武司(現・野村萬斎)
公卿:藤城裕士
人足頭領:久保晶
その他:円谷文彦、下川辰平、浜田晃、大滝秀治
語り:中西龍


☆ 映像の現存状況

総集編のみ現存している。その他の映像はNHKには現存していないとされる。当時は放送局用ビデオテープ(2インチVTR)が非常に高価で大型だったために、テープは放送終了後に消去されて他の番組に利用されるのが通常だった。そのため全話の再放送および全話収録の完全版の販売は絶望的である。総集編のDVDは販売されている。
普及型家庭用ビデオデッキの発売以前であり、当時あったオープンリール型ビデオは百万円前後(当時)もする大変高価なもので、一般家庭にはほとんど普及しておらず(企業などが業務用に購入していた)、テープの経年劣化も考えると視聴者が録画して現在まで保存している可能性は低い。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B2%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E
posted by ワン at 00:00 | 1973年 「国盗り物語」

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。